自分の幸せを見つけるには?

こんにちは。

ジェンダー・バランスナビゲーターの秋山友子です。

前回は、親子関係をとおして身につけた観念が、私たちの幸せを決めているというお話をしました。

女性の場合、特に同性である母親との関係を通して、女性としての自分のイメージをつくっていきます。

女性としての自分自身の価値、女性として愛されること…そんな部分に大きく影響してきます。

私たちの中には、

女性とは…
母親とは…
妻とは…

という観念がたくさんあります。

観念とは、「信じていること」です。

本来の自分自身と、このとが食い違っていると、自分にとっての幸せがわからなくなったり、男女関係がうまくいかなくなったり、仕事での不満がつのったりします。

例えば、私の場合。

母親に対して不満があると、もっとこうあるべきだ!と自分の中で理想像を作り上げていました。

それは、

気立てが良くて、家事もしっかりできて、家を守ってくれる。

いわゆる良妻賢母のイメージです。

そういう女性じゃないと、結婚生活がうまくいかないし、子どもを幸せにできないと思っていました。

なので、私はそんな良妻賢母になろうと思ったのです。

中学生の時に、家庭科の先生から「あなたはいい奥さんになるわね」と言われて喜んだのを覚えています。

大学生の頃までは、「私は専業主婦になる!」と思っていました。

25歳頃までには結婚して、子どもを産んで・・・

そんな未来像を描いていたのです。

でも、幸か不幸か、それは実現しませんでした。

なぜなら、それは私が望む幸せではなかったからです。

本来の私は、そんな女性ではなかったのです。

(夫や身近な人に聞けば、よくわかります(笑))

私にはそんな結婚はできない、したくない、と潜在意では知っていたんですね。

こうあるべき!という自分を生きようとすると、どんなに愛されていたとしても、その愛を受け取ることができません

本来の自分自身でいるわけではないので、いつもどこかで

「本当の自分は愛されないのでは?」

という不安がつきまといます。

ありのままを受け入れ、愛される力である女性性が閉じてしまった状態です。

私自身、自分の女性性を開き、自分自身を深く知って受け入れていく中で、母親をありのままに受け入れられるようになってきました。

母親に私の理想像を求めたことがそもそも間違いだったんだ、と今ではわかります。

そして、良妻賢母のようではない私を笑って受け入れ、愛してくれる夫と結婚することができました。

私の中にももちろんまだまだ観念はありますが、昔に比べてかなり自由になっています。

あなたの中には、どんな観念があるでしょうか?

そして、それは本当に本当でしょうか?

子どもの頃には、家族が世界のほとんどなので、それが真実だと信じてしまいました。

でも、大人になって広い世界を見てみると、

それが絶対ではないんだ!

ということがわかります。

母親が育った時代と、私たちが育った時代は違います。

育った家庭も違います。

そして、似てる部分はあるにしても、全く別の人間です。

観念に気づいて、それが真実ではないとわかると、あなたらしい幸せを自由に見つけることができますよ。

 

 

秋山友子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

個人セッションはこちら

体験講座はこちら

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です