愛のすれ違いを解くカギは?

こんにちは。
ジェンダー・バランスナビゲーターの秋山友子です。

愛されたいのに愛されない。
愛したいのに愛せない。

そんな風に感じること、ありませんか?

そんな時の処方箋をお伝えしていきますね。

 

 

愛の誤解を解く。

 

まず、そういう時には、愛の誤解が起きていることがよくあります。

親子関係でも男女関係でも、あらゆる人間関係でこの誤解が解けると、愛し愛されることがもっと簡単にできるようになるのです。

 

マニュアルは役に立たない!?

 

その誤解を解くためのカギは、

欲しい愛の形は、人の数だけある。

ということです。

 

◯◯されると愛されている感じがする。
△△されると愛されていないと感じる。

 

私たちはそれぞれに、そんな感覚を色々と持っています。

そして、

 

愛しているなら自分の望むようにやってくれるはずだ!

 

と無意識に相手に期待しています。

もしくは、相手を愛そうとする時、自分が望む愛され方を相手にもしようとします。

 

「マニュアル本に書いてあったから、こうなるはずだ!」

 

と思っている場合もあるかもしれませんね。

自分と相手でそのポイントが同じ場合はスムーズにいきやすいですが、そこが違うと、すれ違いが生まれます。

 

相手が喜ぶと思ってやったことが、かえって嫌がられてしまったり。。。
相手がしてくれていることが愛情表現だと気づけずに、愛されていないと思い込んだり。。。

 

親子関係や男女関係では、特によく起こりがちです。

関係が近い分、「相手は自分の気持ちをわかっているはずだ」と思いやすいのです。

そして、そのズレに気づかずに、お互いに同じやり方を続けて、「どうしてうまくいかないんだろう?」と悩むことになります。

愛し愛される関係を築きたい。

お互いに想いは同じはずなのに、もったいないですよね。

 

 

愛の形は人の数だけある。

 

もし大切な人から愛されていない感じがするのであれば、

 

「愛しているならこうするはずだ」

 

というメガネをいったん横に置いてみてください。

 

「もしかしたら、これも愛情表現なのかしら?」

 

と思って見てみると、色々と発見がありますよ。

そして、あなたのためを思って、あなたが喜ぶと思ってしてくれた、その気持ちをただ受け取ってみるのです。

例えるなら、

 

全然好みのものではないプレゼントをもらったけど、お祝いしようと思ってくれた気持ちは嬉しい。

 

そんな感じです。

そうすると、

愛されてないと思っていたのは自分の誤解だったんだ!

自分が受け取っていなかったんだ

ということがわかってきます。

女性性受け取る力が開いていくのです。

逆に、愛しているのに愛が伝わっていない感じがするなら、どういう時に相手が喜ぶのか、どういう愛され方が好きなのか、相手をよく知ってみましょう。

そして、自分ならこうだではなく、相手が望むやり方で表現してみてください。

最初は抵抗があるかもしれませんが、せっかくの愛が伝わらないやり方を続けるよりも、ずっと効果的で関係がよくなりますよ。

そうすると、男性性与える力も効果的に活用していくことができます。

お互いにどういう価値観を持っているのかをコミュニケーションできると、よりスムーズに誤解を解いていくことができますね。

よかったら、試してみてくださいね。

 

 

愛せない時の処方箋

 

どんなに大切な相手であっても、

自分が弱っている時
なにかで余裕がない時

なかなか相手を愛せなくなったりします。

そんな時は、そんな自分が辛かったりしますよね。

 

本当の心の望みは?

 

相手を愛する余裕がない時、

すごく細かいことが気にさわったり、
思いやりを持てなかったり、
離れていたくなったり。

そんな自分に気づくでしょう。

そして、

その自分を責めてしまったり、
相手に不満をぶつけてしまったり

するかもしれません。

そんな時は、
自分自身をケアしてあげることも大切ですが、
自分が本当に望んでいることを思い出すことも助けになります。

その相手と本当はどうなりたいのか?

本当は、仲良く幸せに過ごしたいのです。

 

「今」は「当たり前」じゃない。

 

そのことを思い出すのに、私はあるイメージをすることがあります。

 

もし、明日、自分がこの世からいなくなるとしたら。。。
もし、明日、相手がこの世からいなくなるとしたら。。。

 

そうしたら、同じ状況でも感じ方は全く変わってきます。

 

お互いにいるのが当たり前。

 

そう思っていると、私たちはお互いの大切さを忘れがちです。

 

相手がいなくなってから大切さに気づく

 

なんていうことがありますが、
いなくなる前に気づいて大切にできたら、
もっといいですよね。

 

もし自分が明日はいないとしたら、
どんなことを願うでしょうか?

もし相手が明日はいないとしたら、
今のことをどんな風に感じるでしょうか?

 

どんなに大切な相手でも、遅かれ早かれ、必ずいつか肉体的な別れがきます。

それは変えることのできない事実です。

どんなに男性性を駆使してもコントロールしきれません

女性性でそのことを受け入れ、
「今ここ」を大切にしていくことで、
愛を取り戻していくことができますよ。

 

 

秋山友子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

個人セッションはこちら

体験講座はこちら

 

Commentsこの記事についたコメント

2件のコメント
  • 愛されて大切にされる女性になるには? – 幸せに生きる〜女性性が花開く癒しの道〜

    […] 愛のすれ違いを解くカギは? […]

    2018年10月10日 9:00 AM
  • 楽に生きるために女性性を上手に使う方法 – 幸せに生きる〜女性性が花開く癒しの道〜

    […] 愛の誤解を解く。 […]

    2019年2月6日 6:00 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です