幸せな職場をつくるには?

こんにちは。
ジェンダー・バランスナビゲーターの秋山友子です。

今日は、ビジネスの世界での男性性女性性について、お伝えしたいと思います。

ひと昔前は、妻が専業主婦だったりすると、

「誰のおかげで飯を食えてると思ってるんだ!」

なんて夫が言うのを聞いたものですが、今の時代にこれを言ったらどうでしょうか?

これは、男性性に偏った価値観からくる言葉です。

時代が変化して、女性性の価値が尊重されるようになってきたので、違和感を感じる方が多いんじゃないかと思います。

家事をしてくれる人がいるから、外で思いっきり仕事ができる。
稼いでくれる人がいるから、家のことに専念できる。

どちらかがえらいのでもなく、どちらかが価値があるのでもなく、どちらも必要な存在です。

でも、ビジネスの世界となるとどうでしょうか?

起業家はすごくて、サラリーマンは平凡。
営業職は認められるけど、事務職は評価されない。

まだまだそんな価値観がないでしょうか?

これは、

「誰のおかげで飯を食えてると思ってるんだ!」

同じ価値観です。

起業家ばかりだったら、今の社会は成り立つでしょうか?
営業職だけで会社がまわるでしょうか?

それぞれが必要で大切な仕事なのです。

これからは、男性性に偏ったビジネスでは、だんだんと苦しくなっていく時代です。

職場のチームに会社のシステムに、女性性を取り入れていくことが、とても大切になってきます。

ただただ拡大していくことや、効率化業績UPだけを目指すのではなく、

それぞれが認められ尊重される。
お互いに協力し助け合う。
メンバーが幸せである。

そんなことがビジネスでも必要になってきます。

女性がビジネスで活躍するようになってきて、
その流れはより加速していくでしょう。

あなたの職場やチームはどうですか?

もし今は男性性に偏っているなと感じても、まずは身近なところから変えていくことができます。

そのためにはまず、あなた自身女性性を開いていくことです。

女性性価値が認められるようになるには、時間がかかります。

でも、家庭の価値観が変わってきたように、幸せなビジネスも実現していけるのです。

この記事を読まれているということは、あなたがそのリーダーなのかもしれません。

あなたも周りも笑顔で幸せでいられる、そんな職場が実現しますように。。。

 

秋山友子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⭐︎1DAYワークショップ⭐︎
9月23日(日)開催します(フォローアップ個人セッション付き)。
詳しくはこちらから。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です