休むのも仕事のひとつです。

こんにちは。
ジェンダー・バランス・ナビゲーター秋山友子です。

あなたは、お休みをとることに対して、どんな感じがしますか?

休みが欲しい。
休みたい。

そう思っていながら、いざ休もうとすると、

他の人に迷惑をかけて申し訳ない…
周りからどんな風に思われるだろう?
忙しくてそんな場合じゃない!
休んでる間に仕事がたまると思うと…

そんな風に思ったりしませんか?

私もまさにそんな感じでした(笑)

1日ならともかく、まとまった休みをとろうなんて、
とてもおそろしいことのようでした。


でも、よくよく考えると、
おかしな話だと思いませんか?

機械でも、無理な使い方を続けると壊れますよね。

人間ならなおさら、休むということをしないと、
肉体だけではなく精神的にも、ダメージが出てきます。

昔、

「24時間戦えますか?」

という栄養ドリンクのCMがありましたが、

その当時は、社会全体が男性性中心だったので

とにかく頑張る!
仕事が第一!

それで良しとされていました。

でももう、それではうまくいかない時代です。

「休みたい…」

と感じる時、あなたは男性性に偏っているかもしれません。

休むというのは、『女性性』です。

男性性に偏っていると、

休む=怠ける

と思いがちなので、
まるで悪いことのように感じてしまいます。

でも、休むことは、いい仕事をするためにも大切なんです。

そして、自分を大切にすることであり、
周りの人を大切にすることでもあります。

もしあなたの大切な人が、
とても忙しくて疲れていて、辛そうにしていたら、
どう思うでしょうか?

「ちょっと休んだら?」

と声をかけてあげたくなりませんか?

私たちは、大切な人にはそう思っても、
自分自身のこととなると、

「いやそうは言っても…」

となってしまったりします。

自分を大切にするというのが、なかなか難しくなってしまうのです。

大切な人を扱うように、自分自身を扱ってあげる。

そんな視点で、あなた自身を見てみてあげてください。

仕事をするにも、家のことをするにも、
あなた自身が健康でいられることは、とても大切です。

倒れてしまっては、それどころではなくなってしまいますよね。

大切なのは、

休むことと働くことのバランス

です。

あなた自身を大切にメンテナンスしてあげてくださいね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

個人セッション
http://www.metasecret.jp/schedule/sp09.html

体験講座
http://www.metasecret.jp/schedule/sp01.html

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です